商品

ニーズ商品を開発する(商品戦略)

竹田先生曰く、狙い撃ち型商品は、用途を細分化することで発見できる。お客がお金を払っている本当の理由は何か、お客が欲しがっている本当の効用は何かを考え抜くことで、細分化の腕は高まる。それには、お客を継続的に徹底して観察する。商品に対する不満や...
目標

1位づくりを目標にし、行動も1位にする

竹田先生曰く、無から有が生じることは決してない。何かで1位になるには、当然1位になれるだけの物理的なエネルギーが必要となる。 しかし、こうするとそれだけ多くの経費が必要となるとともにリスクも発生するから、自分の手で1位をつくった経験のない人...
1位づくり

未来の1位より現在の1位

竹田先生曰く、弱い力で1位の商品を作るには、孫子のいうように、戦わずして勝てる商品や、勝ちやすい商品を見つけることだ。こうすれば、合理的に早く1位が手に入る。勝ちやすきに勝つには、商品を業界全体で見るのではなく、価格や用途などに小さく分け、...
商品

弱者は差別化の効かない商品には手を出さない(商品戦略)

竹田先生曰く、今までと同じ材料、同じ方法で加工する業界では、先を走っている会社を追い越すことはできない。こうした1次元的な競争では改善の余地が極端に制限され、逆転のチャンスはない。中小企業は、価格だけで全てが決まってしまうような商品、商品が...
商品

弱者は納期やアフターに知恵と手間を(商品戦略)

竹田先生曰く、お客は、商品を買う買わないの決定と選択には時間をかけるが、買うと決めたら1時間でも早くその商品を手に入れたがる。それなので、競争相手よりも納期を早くすることは有効な差別化になる。配送は人手がかかり経費も高くつく、最もローテクな...
差別化

品質の差別化(商品戦略)

竹田先生曰く、商品の導入期や成長1期あたりの商品の競争力は、加工技術のウェイトが高くなる。しかし、商品生産量が増え、製造技術の知識が蓄積されていくと、基本的な技術のレベルは横に広がり、同業者間の差は少なくなって、技術それ自体は競争力を失って...
営業

目標の決定は「接近戦、一騎打ち戦、体当たり戦」を応用する

竹田先生曰く、競争条件が不利な会社が目標に対して、営業推進力や戦術力を投入するときは、間接的なアプローチを極力避け、直接型にしなければならない。メーカーが販売促進を図る時は、エンドユーザーに直接働きかけるという体当たり戦を実行する。間接販売...
差別化

弱者は価格先決め方式で(商品戦略)

竹田先生曰く、価格決定の方式は2種類ある。一つは原価積み上げ式で、材料費、外注費、労務費、粗利益などを上乗せしていって、価格を決めるやり方で、もう一つは価格先決め方式で、価格を先に決めて、その価格に見合う材料や作り方を探し出すというやり方だ...
差別化

価格の差別化(商品戦略)

竹田先生曰く、価格の差別化を考える時は、まず価格を細分化する。価格帯を高級、中の上級、中級、中の下級、低級品の5つに分ける。中級品は市場規模が大きくなり、強者や大企業が狙ってくるので、販売競争は激しくなり、弱者に勝ち目はない。弱者が勝つには...
差別化

商品の用途を差別化する(商品戦略)

竹田先生曰く、お客は単に物や素材を買うのではなく、商品の価値や手に入れたことで生じる、効用や利便性、満足感を買っている。ところが、お客から見た商品の価値や効用は一定不変ではなく、普及率が上昇するにつれ、用途の幅が広がり変化していく。自動車で...