差別化

差別化

品質の差別化(商品戦略)

竹田先生曰く、商品の導入期や成長1期あたりの商品の競争力は、加工技術のウェイトが高くなる。しかし、商品生産量が増え、製造技術の知識が蓄積されていくと、基本的な技術のレベルは横に広がり、同業者間の差は少なくなって、技術それ自体は競争力を失って...
差別化

弱者は価格先決め方式で(商品戦略)

竹田先生曰く、価格決定の方式は2種類ある。一つは原価積み上げ式で、材料費、外注費、労務費、粗利益などを上乗せしていって、価格を決めるやり方で、もう一つは価格先決め方式で、価格を先に決めて、その価格に見合う材料や作り方を探し出すというやり方だ...
差別化

価格の差別化(商品戦略)

竹田先生曰く、価格の差別化を考える時は、まず価格を細分化する。価格帯を高級、中の上級、中級、中の下級、低級品の5つに分ける。中級品は市場規模が大きくなり、強者や大企業が狙ってくるので、販売競争は激しくなり、弱者に勝ち目はない。弱者が勝つには...
差別化

商品の用途を差別化する(商品戦略)

竹田先生曰く、お客は単に物や素材を買うのではなく、商品の価値や手に入れたことで生じる、効用や利便性、満足感を買っている。ところが、お客から見た商品の価値や効用は一定不変ではなく、普及率が上昇するにつれ、用途の幅が広がり変化していく。自動車で...
差別化

弱者は強い会社が扱う商品を攻撃目標にするな(商品戦略)

竹田先生曰く、太陽系で2番目の質量を持っている惑星は土星だ。土星は衛生をいくつも従えている。土星に近づきすぎた衛星は、土星から潮汐力(ちょうせきりょく)と呼ばれる強い引力を受けて、粉々に砕け散ってしまう。土星のキレイな輪は、土星に近づきすぎ...
差別化

自社の情報を強い会社に流さない(隠密線)

竹田先生曰く、小さな会社の業績は、強い会社との差別化の成功度合いによって決まるので、小さな会社の社長はいつも差別化の研究をするべきだ。しかし、いいアイディアを思いついていても、強い会社が事前に知り、先に手を打てば、差別化は成功しない。こうな...
差別化

ビッグモーターもランチェスター戦略を実践していた

竹田先生いわく、強者の商品戦略の代表は、市場規模の大きな大衆相手の商品を重視し、商品の幅を広げ複合化、総合化を図ること。さらに、弱者の新商品にはすぐに参入する。 ■弱者は差別化、強者はミート 弱者は大企業や強い会社と正面で戦わずに差別化して...