1位づくり

弱者は戦わずして勝てる商品や、弱い会社の商品を攻撃目標にする(商品戦略)

竹田先生曰く、戦わずして勝つ商品とは、誰もまだ気づいていない商品で、俗に言うスキマ商品になる。お客の要求は常に変化するので、要求はあるのに、誰も気づいていないということが起きる。勝ちやすい商品とは、自分の会社よりも弱い会社が手掛けている商品...
差別化

弱者は強い会社が扱う商品を攻撃目標にするな(商品戦略)

竹田先生曰く、太陽系で2番目の質量を持っている惑星は土星だ。土星は衛生をいくつも従えている。土星に近づきすぎた衛星は、土星から潮汐力(ちょうせきりょく)と呼ばれる強い引力を受けて、粉々に砕け散ってしまう。土星のキレイな輪は、土星に近づきすぎ...
差別化

自社の情報を強い会社に流さない(隠密線)

竹田先生曰く、小さな会社の業績は、強い会社との差別化の成功度合いによって決まるので、小さな会社の社長はいつも差別化の研究をするべきだ。しかし、いいアイディアを思いついていても、強い会社が事前に知り、先に手を打てば、差別化は成功しない。こうな...
社長

弱者は社長自らが直接大事な情報を集める

竹田先生曰く、お客の要望やライバルがどのようなやり方をしているかは、直接調べることが絶対に欠かせない。お客とライバルは会社の外にいるので、社内にいたら情報は入ってこない。精度が高い情報を集めるには、現場に直接出向き、現品を手に入れ、自分の目...
社長

弱者は強い願望と積極的な心構えを

※イラスト生成:chatGPT4 竹田先生曰く、社長は3つの事を肝に銘じること。 自分の会社をすばらしい会社にするという強い願望を持つこと。 達成すべき目標に対し、それは可能だ、必ず出来るという積極的な心構えを持つこと。 目的を達成するまで...
1位づくり

1位の商品はどのように生まれるか

竹田先生曰く、市場占有率1位の商品を持っている有名企業も、初めから競争力のある商品を持っていたわけではない。ないないづくしの状態からスタートした後、何が何でもよい商品を手にいれるのだという、社長の強い願望と熱意によって目標を達成した。 ■熱...
差別化

ビッグモーターもランチェスター戦略を実践していた

竹田先生いわく、強者の商品戦略の代表は、市場規模の大きな大衆相手の商品を重視し、商品の幅を広げ複合化、総合化を図ること。さらに、弱者の新商品にはすぐに参入する。 ■弱者は差別化、強者はミート 弱者は大企業や強い会社と正面で戦わずに差別化して...
1位づくり

お客にとってのメリットを文字にできるか

商品・サービスを提供する時には、こんなにこだわった素材、技術、想いなどは書きやすいもので、実際にホームページにも記載するケースが多いですね。 その一方で、お客にとってのメリットを明確に文字化するのは難しいです。薬で言えば、何の効果があるのか...